小泉製麻ロゴ
UV反射糸を使用した次世代型防虫ネット 虫フラッとネット 虫フラ
虫フラッとネット 虫フラッとネット
  • 害虫の飛行錯乱を誘発するUV反射糸を使用
  • 赤外線域を含む高反射で高い遮熱効果
虫フラッとネットの 

特 長

次世代ポイント①アザミウマの背光反応
次世代ポイント① 害虫の飛行錯乱を誘発 糸自体が紫外線を反射する機能を保持。
害虫が飛行錯乱し、ハウス内への侵入を抑制します。
次世代ポイント②反射率グラフ
次世代ポイント② 通気性・遮熱性の向上 赤外線域を含む高反射により、熱を保持しにくく、ハウス内の環境改善が期待できます。
0.4mm目合のネットと比べて通気性がアップします。

メカニズム

微小害虫は背面に紫外線を受け、
飛行姿勢を保ちます。 メカニズム1
「虫フラッとネット」が紫外線を拡散反射すると、害虫は正常飛行ができなくなります。 メカニズム2
「虫フラッとネット」はただ光を反射するだけでなく、紫外線域までを含む高反射が可能です。 メカニズム3
そのため、害虫は飛行錯乱をおこし落下。
害虫忌避につながります。 メカニズム4

規格・材質

規 格 目 合 0.6mm×0.6mm
サイズ 2.1m幅×100m長さ
材 質 ポリエチレン
虫フラッとシート さらに、虫フラッとシートとの 併用
害虫忌避効果アップ!
虫フラッとシートの 
虫フラッとシート
害虫忌避
害虫忌避
微小害虫のハウス内への侵入を抑制することで、農作物の安全性や環境への配慮にも貢献します。
遮 熱
遮 熱
赤外線域を含む高反射により、熱を保持しにくく、ハウス内の環境改善にも期待できます。
収量UP
収量UP
紫外線域を含む高反射により、植物の光合成を促進。光が届きにくい葉の裏側にも反射した光が当たるので、収量アップが期待できます。
抑 草
抑 草
約95%の遮光率を保持し、雑草の光合成を抑制することで、草刈り軽減にも繋がります。

前のページへ戻る

戻るボタン